マンション売却の税金と確定申告

処分したいと思っている所有不動産に住んでいるうちに売ることで、税金上のメリットを得ることができます。
どのようなメリットがあるのか?というと、マンション売却後の確定申告で特別控除を受けることができるという点です。

特別控除は3000万円も受けることができるので、3000万円までなら、利益を出すことができても、それは課税対象にされないというメリットを受けることができるのです。
もっと分かりやすく言えば、マンション売却して3000万円までの利益なら、税金はゼロ円で良いということです。

参考:マンション売却税金シミュレーション!売却益の税金計算と特別控除!

これが自宅から引っ越してしまい、住まなくなってから売ると、確定申告の際に特別控除のメリットを受けることができなくなってしまうので、すべての利益が課税対象になってしまうのです。

ということは、マンション売却で得た利益すべての税金がかかってしまいます。
つまり、とんでもなく損をしてしまうのです。

だから、みなさん所有不動産を売るときは、税金上のメリットを考えた上で住んでいるうちに処分を考えるのです。
住んでいるうちにマンション売却するためには、かなり前から計画性をもって不動産屋に仲介の依頼をかけておく必要が出てきます。

希望の額で購入してくれる相手を探すのにも時間がかかりますからね。